岐阜県大垣市の萩野歯科は小児歯科から高齢者、障がい者・有病者まで対応いたします。

嚥下障害

嚥下障害

摂食嚥下(えんげ)障害とは?

食べこぼしたり、むせやすかったり、食事や薬が飲み込みにくい、熱が出やすかったり痰が多い等の症状がある場合、飲み込む事全体に障害(摂食嚥下障害)のある可能性があります。
飲食中等ものを飲み込んだときに飲み込んだものが気管に入ってしまい、むせる事があります。この気管から食べ物や唾液・飲み物等が入ってしまう事を誤嚥(ごえん)といい、誤嚥するとむせるのは気管に入りかかった空気以外の異物を輩出しようとする生体防衛反応があるからです。
通常誤嚥した場合むせるのですが、気道の感覚が低下しているとむせない場合があり、これを不顕性誤嚥(むせない誤嚥)といいます。

不顕性誤嚥が起こっている場合、誤嚥により肺炎を起こしてしまう事があります。これを誤嚥性肺炎といい、高齢者の肺炎の7割は誤嚥性肺炎だといわれています。
口腔内の清掃が上手く出来なくなった場合、口腔内の細菌が増殖し、その細菌の塊を含んだものを誤嚥してしまう事により、誤嚥性肺炎のが起こってしまいます。

誤嚥性肺炎(誤えん性肺炎)とは

誤嚥性肺炎とは、本来食道に流れるはずの食べ物や唾液などの液体が誤嚥により気管から肺に流れてしまい、これが原因で起きる肺炎のことです。
人間ののどの奥には、食道と気管を分岐している場所があり、この分岐点には気管のふたがあり、食べ物や液体が誤って気管に入らないようになっています。
しかし病気や加齢などにより、この働きが弱ってしまい、不顕性誤嚥により食べ物や唾液等が気管へ入ることで、口腔内の細菌もいっしょに肺に入ってしまう事で誤嚥性肺炎を起こすことがあります。

誤嚥性肺炎が起こるしくみ

通常、呼吸をしている時は、空気は鼻もしくは口から気管を通って肺に入ります。この時、のどの奥にある食道と気管を分岐している場所にある喉頭蓋(こうとうがい)と呼ばれる気管のふたは開いています。食べ物や飲み物を飲み込むと、食道が開くと同時に喉頭蓋は閉じて気管にふたをします。それにより飲み込んだものが気管へ入らないようになっています。 しかし舌や周辺の筋力が弱まったり、加齢や病気などで神経の反応が鈍くなったりすると、喉頭蓋の機能も弱まり、上手くふたができずに飲み込んだものが気管から肺に入ってしまう誤嚥が起こります。その誤嚥により飲み込んだものに付着した口腔内の細菌が肺に入り込んでしまい、誤嚥性肺炎を引き起こします。

当院では、飲み込み治療専門の歯科医師とともに、飲み込み治療の研修を修了した、認定歯科医師、認定歯科衛生士により飲み込み治療を行っております。
また、嚥下(えんげ)内視鏡検査を採用しておりますので患者様への負担を抑えた検査、治療が可能です。

嚥下内視鏡検査

嚥下内視鏡検査とは、鼻の穴から細い内視鏡(経鼻(けいび)内視鏡)を挿入し、のどの様子をモニターに映し、その状態で食事をした際の飲み込み状態を確認する検査です。
普段の食事を再現した検査が可能で、食事の際どのくらい咀嚼できているのか、どのくらい唾液と混ぜ合わさっているのか等を実際にモニターで確認することができます。

また、モニターで気管の入口も確認できるので、誤って食事が気管の中に入ったり誤嚥の有無も確認することができます。

治療費に関して

治療費は国が定めている保険料以上の金額は頂きません。
また、介護保険も適用となりますので、診療の際は保険証とお持ちであれば介護保険証をご提示ください。

PAGE TOP

医院情報

〒503-0905
岐阜県大垣市宮町1-38
電話:0584-78-2598
FAX:0584-78-3282

メールでのお問い合わせ

診療時間
(平日)9:00~13:00 / 15:00~18:30
(土曜)9:00~13:00 / 14:00~17:00
※木曜日:オペ・訪問往診のみ
休診日
日曜日、祝祭日
診療科目
一般歯科 / インプラント / 歯周病治療
審美歯科 / 小児歯科 / 矯正 / 訪問歯科